金融ローン会社と
割賦購入あっせん


割賦購入あっせんは、「ショッピングクレジット」などとも呼ばれている。

消費者が商品の購入やサービスの提供を受ける際に、小売商と消費者の間で、割賦の取扱いを代行することをいう。具体的には、信販会社などが消費者に代わって、販売業者に対して購入代金を立替払いし、その後信販会社などが消費者から分割払いで購入代金を集金。顧客がクレジットカードで購入する「総合割賦購入あっせん」と、カードを利用せずに特定品物について割賦契約を行なう「個品割賦購入あっせん」と2種類ある。


HOMEへ戻る